Loquacious

COLUMNS
コラム

date_range

2021年1月8日

World

アメリカで何が起きている?🤷‍♂️

皆様、アメリカの議事堂でデモが起こっている動画や写真を見ましたか?

こちらがアメリカ議事堂での様子です。

● デモが起こるまでの流れ

11月の大統領選の結果を最終的に確定させるための選挙人投票集計が開かれていた連邦議会議事堂の上下両院合同会議で現地時間の6日、トランプ氏の支持者や過激派グループがバリケードを突破し、議事堂内に侵入しました。アメリカの議事堂が今までの歴史で攻撃されたのは、1814年のイギリスとの戦争以来です。

トランプ氏は以前から選挙では大規模な不正があったと主張しており
「我々は決して諦めない。決して敗北は認めない」とTwitter上で訴えてきました。
しかしながら、トランプ氏の主張する不正の証拠も根拠も見つかっておらず、
トランプ支持者や共和党支持者などの一部の人達にしか聞き耳をもたれていませんでした。トランプ氏から圧力をかけられていた副大統領と上院議員は
「選挙人票を拒否することはできない」とバイデン氏勝利の結果を受け入れました。

それによって議会の周辺で抗議活動をしていたトランプ支持者のデモがヒートアップし、
一部が建物の窓ガラスを割るなどして内部に侵入して一時的に議事堂を占拠し、
審議は中断されました。

最悪なことに議事堂内では女性が1人撃たれ、死亡しました。

●トランプ氏に対する世界中からの非難の声

正当な民主主義の選挙で、最後まで根拠のない不正を訴え支持者を
ヒートアップするのに加担したことはアメリカのみならず、世界中から非難されています。

サンダース上院議員のTwitterより

「今日の混乱に直接責任を負っているのはドナルド・トランプで、彼は暴動や暴力を煽ったりして権力を維持するために何でもすることを明らかにしました。トランプは歴史上最悪で最も危険な大統領として歴史に残るでしょう。」

スコットランドのスタージョン首相のTwitterより

「国会議事堂からのシーンは完全に恐ろしい。アメリカの連帯した民主主義と平和で立憲的な政権交代を支持する人たちに賛同します。民主主義へのこのような攻撃を煽った人々は恥を知るべきです。」


オーストラリアのモリソン首相のTwitterより

「米国議会での非常に悲惨なシーン。私たちはこれらの暴力行為を非難し、偉大なアメリカの民主主義の伝統の中で新しく選出された政権への平和的な権力の移転を心から願っています。」


●今回のデモで考えられる問題点

この1件にはBLM (Black Lives Matter)の時のデモと比べて
白人への警察官の対応が違いすぎることが指摘されています。

CNN放送局のアビーフィリップスは

「数か月前、ワシントンでは国防軍が道を封鎖していて道が使えなかった。
町のほとんどがBLMのデモ(武器を持たない平和的なデモ)のためにロックダウンされていた。今、何千と武器を持ったトランプ支持者が暴力で町を荒らしている。彼らはほとんどがBLMデモを支持しておらず、白人だ。人が撃たれ、政治家はガスマスクをつけてロックダウンに入った。でも写真を見ていると、警察はどこ?と疑問に思う。」と述べました。

もし今回この事件を起こしたものの内の多くの人間が白人以外だったら…
そう考えると恐ろしくなります。警察による発砲はこれ以上にされていただろうし、死人ももっと出ていたのではないでしょうか?

アメリカにおける人種差別

今回も、白人と白人以外の警察の対応が取り上げられています。
さらに、アメリカでは白人が起こす事件に対してテロという言葉を使わない
差別的な傾向があります。クリスマスのテネシー州・ナシュビル爆破事件でも
「動機がわかるまでテロとは言えない」と訴える声があがりました。
9.11の時は躊躇せずにテロと訴えたのにもかかわらずです。
私たちが声を上げることによってでしか、差別や不正は消えません。

今回の事件はプロテストではなく、民主主義を敵に回した犯罪です。

まとめ

政治的で難しく話しづらさのあるようなトピックでしたね。
しかし、英語を勉強するうえでも外国の方と話すうえでも
こういった背景を知っておくことで損はないです。
むしろ、差別を知るという事は差別に加担しない、人を傷つけない為の
自己防衛でもあるのです。

Come visit us at 名古屋伏見の通い放題英会話スクールロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!

カテゴリー:World

ページトップへ