アメリカ大統領選挙の仕組みは⁇ (わかりやすく解説) ✍

It’s TGIF!!

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)(エルキュー LQ)です!!

ここ数日、アメリカ大統領選挙のニュースに世界が注目しています。

人々の関心は私が知る限りでも非常に高いように思えます。

しかし、実際アメリカ大統領選挙の仕組みはよくわからない方も多いのではないでしょうか。ということで今回はアメリカ大統領選挙の仕組みをわかり易く解説します!!

アメリカ大統領選挙の仕組みは⁇【わかりやすく解説】

アメリカ大統領選挙はアメリカ合衆国憲法により4年に111月の第月曜日の翌日の火曜日に国民の投票によって新しく選出されます。
選挙自体は1年以上に及ぶ長期戦です。

誰が投票したり立候補できるの⁇

有権者(投票できるのは⁇)

投票権は18歳以上の事前に居住地の選挙管理委員会に有権者として登録を済ませた、アメリカ国民です。

だれでも立候補できるの⁇

アメリカ合衆国憲法により

35歳以上かつアメリカ合衆国国内における在留期間が14年以上で、出生によるアメリカ合衆国市民権保持者

と定められており、つまり生まれた時点でアメリカ合衆国国籍でなければ大統領候補の資格が無いということになります。

そして、2回までしか同じ人は選出されません。

選挙の仕組み

二大政党から正式な候補者を選出

アメリカの二大政党は共和党(Republican Party)と民主党(Democratic Party)です。
予備選によりそれぞれから代表が選出されます。

選挙人制度

アメリカの全州50州の人口に応じて選挙人が割り振られており、メーン州とネブラスカ州以外は得票数の多い勝者がその週の選挙人を総取りします。
選挙人は全州合わせ538人いるので、過半数の270人獲得した方が大統領となります。
各州は大きく共和党が強い州と民主党が強い州にわかれていますが、支持率がどちらも同じくらいの州があります。
この支持率がきっ抗する州をどちらがおさえるかが選挙結果に大きく、影響するのです。

支持率が拮抗する激戦州

今回の選挙では
ペンシルベニア州、フロリダ州、ノースカロライナ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、アリゾナ州が激戦州(Swing State)とみられています。

選挙にまつわる英単語

選挙

Election
Poll

投票

Vote
Ballot

立候補者

Candidate

有権者

Electorate
Voter

Have an amusing time learning English at 名古屋伏見の通い放題英会話スクールロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!