Loquacious

COLUMNS
コラム

date_range

2021年2月3日

World

ホワイトハウスのペット達🐶

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!


最近バイデン大統領が新たに就任され、ホワイトハウスでの日々がスタートしますね!

ホワイトハウスで飼われたペット達ご存知ですか?





1921年 ウォーレン G ハーディング大統領はラディ―ボーイ(エアデールテリアという犬種)という犬をペットとして飼っていました。

犬のポートレート Premium写真

ラディ―ボーイは彼専用のバースデーケーキを食べている所や、大統領とその夫人と共にバルコニーから顔を出す姿が写真で残っていて、とてもかわいらしく、賢そうな印象を受けます!🐶




その数年後クールリッジ大統領が就任し、大統領とその大統領夫人は二人のペットとして、アライグマを飼い始め、そしてレベッカと名付けました。

実はこのレベッカ最初は “Thanks Giving” (感謝祭)のディナーの材料としてホワイトハウスに迎えられたのですが、クールリッジ大統領家族がその運命を変え、ペットとして迎え入れたそうなんです!🙀


ディナーにならなくてよかったですね💦


あまりペットとしては馴染みのないアライグマですが、大統領夫妻と様々なイベントに参加したり、とても愛されていたそうです!



そして1929年に大統領に就任したフーヴァー大統領も変わったペットを迎えました。
それはポッサムでした!

ジョーイが背中に乗っているオポッサムまたはポッサムの母 Premium写真


ポッサムはホワイトハウスの警備員に、捕まえられ連れてこられ、ポッサムはビリーポッサムと名付けられ大切に飼われていたそうです💖


このように、ホワイトハウスには様々な種類のペット達が飼われていましたが、唯一トランプ大統領はペットを迎えずに大統領任期を終えたそうです🐶


バイデン大統領はどんなペットを迎えるのか、楽しみですね!☺


Let’s enjoy learning English together at 名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!

カテゴリー:World

ページトップへ