Loquacious

COLUMNS
コラム

date_range

2021年5月19日

World

海で気を付けるべき生き物🐟⚡

雲​日没​ビーチ 無料写真

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

こんにちは!梅雨にも突入し、ようやく夏がもう少しでやってきます🐟
海にお出かけする方や海水浴を楽しみにしている方も多いかと思いますが、海で気を付けた方がいい生き物について紹介させていただきます🏖

1.アカエイ (Stingray)

海水浴などであまり見かける!という方は少ないかもしれませんが海水浴場にも生息しています。エイは砂地に埋もれて隠れていることも多いので砂地を踏んで毒針に刺さってしまうと大変なことになります。
エイの毒はエイのしっぽにあります。エイのしっぽは一度刺さったら抜けにくいように「返し」のついたトゲがあります。⚡刺されると激痛に襲われ、アレルギー体質の人はアナフィラキシーショックを起こす場合もあり最悪の場合死に至る事もあります😭


2.イモガイ (Cone shell)

貝殻​の​コレクション​を​示す​手​の​拡大​写真 無料写真

みなさんイモガイを知っていますか?比較的暖かい珊瑚のある海や綺麗な砂浜でも見つけやすく、とても綺麗な柄をしているので思わず拾いたくなってしまう貝なのですが、日本でも多く生息している貝です。沖縄には110種類以上のイモガイが生息し、沖縄に訪れると見つけられます🐚その綺麗な見た目とは裏腹に猛毒を持った貝なので見つけても絶対に触ってはいけません😯貝を拾って手のひらなどで持っているだけでも外敵とみなし、人間30人分の致死量にもなる毒銛で刺されます☠ 本当に見た目が綺麗な貝で、模様も描いたような特徴的な模様があるので拾いたくなりますが、我慢しましょう👍

3.ウミケムシ (sea mouse)

河口湖​湖畔​ジャパン 無料写真

ウミケムシという名前をみなさんは聞いたことがありますか?日本にも生息しており、投げ釣りなどをしていると釣れることもある、ウミケムシですが日本では中部以南に生息しています。体の側面の体毛が毒を持っていて、素手で触った場合痛みや痒みが1週間ほど取れないこともあります。ゴカイの仲間で見た目はケムシのようにとても気持ちが悪いです🐛

4.オニダルマオコゼ (stone fish)

Sha​&#​39​;​ab mahmud​周辺​の​サンゴ​と​魚 無料写真

オニダルマオコゼはサンゴ礁や浅い海に生息しており、日本だと小笠原諸島、奄美大島、沖縄などに生息しています。オニオコゼの種類は全て背中に毒を持っておりますが、このオニダルマオコゼは毒性が格段に違います☠刺されると最悪の場合死亡に至ってしまうこともあるほどです。
とても黒くゴツゴツしているので岩だと思って踏みつけると大変なことになります。もしこの夏暖かい方面でスキューバダイビングやシュノーケルを行われる場合、地面も良くみておきましょう⚡

5.ダツ (needle fish)

白い​背景​の​上​の​プラスチック製​の​注射器 無料写真

ダツは細長く、英語でneedle fish (針魚)と呼ばれています。シュノーケルやダイビングをする際にもよく目にする魚です。ダツには毒はありませんが、光に向かって突進する習性があるので夜間の釣りやダイビングの際に突進してきた場合細い顔が刺さることもあります。実際に船の上にいてダツが刺さって死んでいる人もいます🐟他にもメカジキのような先のとがった魚は船上にいても刺さる場合がごく稀にあるため注意が必要です。夜間のダイビングの際、ライトを頭に着け潜る場合もとても慎重に潜って下さいね🏖🌊



海はみなさん大好きなレジャーですが、自然の動物の住処であることも忘れてはいけませんね🐟!
周りをよく見て気を付けて、海水浴を楽しんでください💕

Plan your summer vacation at 名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!

カテゴリー:World

Loquacious SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

最近の投稿

カテゴリー

ページトップへ