発音の上達のためには【無料の発音レベルチェック】🗞

発音の上達のためには【ジャパニーズ英語を抜け出そう】

英語を綺麗に発音できるようになりたい‼︎
そう思っている人は多いですが、どうすれば綺麗な発音ができるようになるのでしょう。
綺麗な発音になるためのコツをまとめました。

この記事で分かること
✔︎綺麗な発音って必要??
✔︎発音記号・フォニックスとは
✔︎アクセント・リンキングとは
✔︎学習方法

綺麗な発音って必要??

そもそも綺麗な発音って必要なのかな??
という疑問をお持ちの方もいると思います。

答えはある程度必要であるです。
なぜなら、綺麗な発音でないと、相手に伝わりません。または伝えるのに時間がかかってしまったり遠回りすることになってしまったりします。
ですが、一方母国語が英語ではない私たちは完璧である必要もないのです。

というのも、英語には「正しい発音」というものはないからです。イギリスとアメリカでも発音が違うことがありますが決してどちらかが正しいわけではありません。
重要なのは「伝わる発音」であるということです。

発音記号・フォニックスとは

どちらも文字と発音をつなげるためのものです。

発音記号は辞書を引くと単語の下などに表記されていて、覚えてしまえば知らない単語でも発音が分かる。というものです。

一方、フォニックスは英語圏の子供たちが幼少期から習うもので、音とアルファベットをセットにして覚える。というものです。

日本語とは性質が大きく異なる英語。時には日本語では使わない音も登場します。
綺麗な発音を知るためにはある程度知っておいた方がいいでしょう。

〉〉関連記事「Phonics(Video)」

アクセント・リンキングとは

上記の知識にプラスして需要なのが
アクセント
リンキング

です。
抑揚の少ない日本語に対し、英語はアクセントやイントネーションが重要です。

また、流れるような英語を話せるようになるには単語と単語の間を繋げて発音するリンキングという方法を知る必要があります。

学習方法

今はYoutubeなどにも有益なコンテンツが多くありますのでそういったものを活用してもいいでしょう。

ただ、綺麗な発音を習得するために必要な重要なのは

実際に発音することです。

頭でどんなに理解しても口から発音することが重要です。

ある程度自分で発音の練習をしたら実際ネイティブの人に聞いてみるといいでしょう。

 

名古屋伏見にある英会話LoQuacious
質の高いネィティブ講師が在籍しております。

また、ご新規のお客様に限り
無料で発音レベルチェックも行っています。

腕試しに一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか??

お問い合わせはお電話からも受け付けております。