Loquacious

COLUMNS
コラム

date_range

2021年1月12日

Tips

英語でスタバの注文をしてみよう☕

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

寒い日が続きますが今日も元気に英語を話してみましょう!!
今回はスタバで注文を英語でしてみよう!!というテーマです。
スタバはシアトルが発祥のコーヒーショップです。☕
日本には1996年に1号店が東京・銀座にオープンしました。
それまでのコーヒーショップとは違うインターナショナルな雰囲気、洗練された店内は思わず長居してしまいたくなります。

それでは早速英語でスタバで注文してみましょう!!
だいたいスタバはどこの店舗も列が出来ています。列に並んで順番待ちをしましょう。

あなたの番です‼︎
「Who’s next??」
「Next in line, please.」
どちらも「お次の方どうぞ~」という意味です。
ご注文は何にしますか??
「What are you having??」
「What would you like??」
「What can I do for you??」
「What can I get you today??」


本番、注文してみよう‼︎
「Can I get (商品名)??」
または
「I’ll have (商品名).」
簡単に
「(商品名),please.」でもオッケーです!!



では実際にこんな感じで注文してみましょう。
「Can I get a soy latte??」
「ソイラテください」
「I’ll have a strawberry frappuccino, please.」
「ストロベリーフラペチーノお願いします」
「A tall American with skinny milk, please.」
「トールのアメリカンに低脂肪乳追加してください」

星の数ほどあるといっても過言ではないカスタマイズ
日本語で注文するのも慣れないと難しいですよね。
ですが以下の基本を付け加えればオッケーです!!

カスタマイズに使える英語
追加したい時
「with extra (chocolate syrupなど)」
「チョコシロップ追加で」
少なめにしたい時
「with less (whipped creamなど)」
「ホイップクリーム少なめで」
なくしたい時
「with no (cinnamon powderなど)」
「シナモンパウダー無しで」


サイズを伝えていない場合は
「What size??」

「Which size??」
などと聞かれるのでお好みのサイズを伝えましょう。

アメリカにはショートサイズが無く、サイズ展開がトールから始まります。
アメリカのサイズ展開

TAll 354ml
GRANDE 473ml
VENTI 591ml
TRENTA 917ml

日本に無いTRENTAサイズは、ほぼ1リットルですね!!
さすがアメリカンサイズ!!

アメリカのスタバでは名前をカップに記入し、名前で呼ばれます。
「What is your name??」
「お名前は⁇」

「How do you spell your name (または名前)??」
「スペルを教えてください」
と聞かれることもしばしばあります。

他に聞かれること
「「Is that for here or to go??」
「店内ご利用ですか⁇お持ち帰りですか??」

「Anything else??」
「他にご注文よろしいですか⁇」
と聞かれたら
「That’s all, thank you!!」
「大丈夫です。ありがとう。」


あとは注文したものが出来るのを待ちましょう!!

いかがでしょうか。
英語でスタバの注文ができたらかっこいい気がしますよね。

There is 3 STAR BUCKS COFFEE near LQ!!
☕スターバックスコーヒー 名古屋伏見ATビル店
〒460-8633 愛知県名古屋市中区錦1丁目18−22 名古屋ATビル

名古屋伏見の通い放題英会話スクールロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!

カテゴリー:Tips

ページトップへ