Carlos Ghosn Really Gone?? (Video) 🧛‍♂️

Mr. Carlos Ghosn’s dramatic life is like the movie

Catch Me If You Can, isn’t it??

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

日本で金融犯罪で起訴されたゴーン氏は、ブラジルでレバノン人の家族に生まれ、

主にレバノンで育ち、成人期のほとんどをフランスで過ごしました。

元日産とルノーのトップは、裁判を避けるために日本を逃れ、今週レバノンに到着しました。

しかし、彼が保釈されていた間、彼の動きは厳密に制限されることになっていました。

日曜日の後半、彼はジェームズ・ボンドのような脱走を大阪からイスタンブール・アタテュルク空港へのビジネスジェットで行い、

そこですぐに別の飛行機に乗り換えてベイルートに飛びました。

彼が日本で監視から逃れることができた方法や、彼がレバノンへのフライトをどのように手配したか、

そして彼が他の国から助けられたかどうかを含めて、彼の飛行について多くは不明のままです。

レバノンに到着した後、彼は彼が過酷で不公平な日本の司法制度から逃れたと発表しました。

レバノンは、ゴーン氏の事件に関連するインターポールから赤い通知を受け取りました。

そのような通知は、訴追または刑に服することを望んでいる人々に対して発行されます。

インターポールの赤い通知は、基本的に逃亡者を捕まえるための助けを求める外交的な要求です。

インターポール自体には逮捕権はなく、外国政府は従う義務はありません。

噂によると、ゴーン氏はフランスのパスポートを使用してレバノンに入国し、フランス政府大臣は、

フランス政府はフランス国民であるゴーン氏を引き渡さないと述べました。

また、レバノンは日本と引き渡し契約を結んでいません。

メディアは、彼の妻キャロルと家族が日本からの見事な脱出に役割を果たしたと推測しています。

しかしゴーン氏は、彼の家族には何の役割もなかったと主張しています。

ゴーン氏の友人は、ゴーン氏がキャロルと再会できたことを非常に喜んでおり、彼の子供たちはベイルートに集まると予想していたと言いました。

彼は、ゴーン氏を長い間見なかったので、とても幸せそうな様子を見て安心したと言いました。

レバノンでは、ゴーンは多くの人に民俗ヒーローと見なされています。

自動車業界で成功する前に、フランスで最も権威のある学校の1つで学び、日産会社を破産から救いました。

ゴーン氏は、彼の補償を過小報告し、個人的な経済的損失を日産に移し、

ルノーからの資金をベルサイユ宮殿で党を組織するために使用したという報告にもかかわらず、フランスでは依然として広く尊敬されています。

Good luck to Mr. Ghosn, he might be the

main character if Spielberg and Parkes makes

Catch Me If You Can Part 2!!🤪

Catch Me If You Can movie↓

Come discuss Mr. Ghosn’s dramatic escape in the English classes at 名古屋伏見の英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!