Describing Time ⏱

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)(エルキュー LQ)です!!

時間や時刻を英語で答えられますか⁇

正午午前12:00は「Noon」、似た意味ですが午前11:00から午後2:00の間は「Midday」と言います。

Afternoon」は正午の後なので午後を意味し、太陽が沈むまでを表します。

真夜中、午前0時から午前3時くらいを「Midnight」、日没日の出はそれぞれ「Sunset」「Sunrise」と言います。

Twilight」は日常生活では聞きなれない単語かもしれませんが、太陽がかろうじて空を照らしている時間、つまり通常、太陽が昇る直前または太陽が沈んだ直後を指します。

それでは時刻の英語での表し方に行きましょう。

「午前6時です。」これは「It’s six.」や「The time is six o’clock.」と言います。

‟a.m.”や‟p.m.”を後ろにつけて午前午後を表してもいいです。

「10時05分」は「ten oh five」と表せます。

他にも「08時45分」など〇時より15分前ですというのは‟quarter”を使い「a quarter till 9」「9時15分前」と表せます。

同じように、「08時15分」は「a quarter past・after eight」と表せます。

「8時半」は‟half”を使い「Half past eight」や‟till”または‟to”を使い「Thirty minutes till(to) nine」と言います。

「12時5分前」は「ten before twelve」と表します。

When the clock tolls」「When the Bell Chimes」「鐘が鳴るとき」などおとぎ話のような言葉を使うこともあります。

いかがですか⁇

Learn to tell time in English at 名古屋伏見の通い放題英会話スクールロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!