Memorize Something Efficiently 🧘🏻‍♂️

How’s your memory?? ⭐️

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

英単語などを暗記するとき、がむしゃらに頭に詰め込んでいませんか??

効率よく暗記できたら嬉しいですよね??

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが導き出した「エビングハウスの忘却曲線」を使った暗記法のご紹介です。

意味のない音節を被験者に覚えさせて、その後時間の経過と共にどれくらいの速度で記憶が忘れられているかを記した表です。

この研究によると何かを暗記してから↓

20分後に覚えた内容の42%
1時間後に覚えた内容の56%
1日後に覚えた内容の74%
1週間後に覚えた内容の77%
1ヶ月後に覚えた内容の79%

を忘れるという結果が出ています。

何かを覚えると一日で急激に忘却するが、その後は緩やかになることが分かります。

ただしこれは無意味な音節の羅列の暗記なので、英単語などでは少し変わってくるとのこと。

ではこの結果を応用しいかに効率よく暗記するかという話に移ります。

この表は先ほどの忘却線に合わせて復習をした時の忘却率です。

これにより適切な時間に復習をすることで忘却は緩やかになり、すぐに忘れてしまう「短期記憶」から時間が経過しても忘れない「長期記憶」へと変わることが分かりました。

記憶がなくなる前に復習をする。これを繰り返すことで忘れない記憶になるということです。

池谷裕二教授(東京大学薬学部)によると

まず、学習した翌日に1回目、その一週間後に2回目、

2回目の復習から二週間後に3回目、3回目の復習から一ヵ月後に4回目

に復習することが、最も効率的だとのことです。

例えば11月01日に暗記したら↓

2回目は11月02日File:Ebbinghaus’s Forgetting Curve (Figure 1).jpg

3回目は11月09日

4回目は11月23日

5回目は12月23日

ということです。

皆さんも忘却線を活用し効果的に暗記してみてくださいね‼

さらに覚えた単語はどんどん話してアウトプットして身に着けていきましょう

Let’s talk in English at 伏見の英会話エルキュー LQ‼☺