Orangutan Helps Humankind!! 🐒

Welcome to a fresh Monday morning!!

It’s 名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ) blog!!

The orangutan held out its hand to the man, who was clearing snakes from a river as part of efforts to protect the endangered apes.

オランウータンとボルネオの男性のこの出会いは、世界中の心をあたたかくしました。

インドネシアの島の絶滅危種のオラウータンが手を伸ばして毒ヘビが棲む水から人を救うという瞬間をアマチュア写真家が捉えました。

そのエリアに毒ヘビの報告があったので、監視員は一掃するためにやって来ました。

写真家は、オランウータンが彼に近づき、手を差し出したのを見ました。
監視員が泥だらけの流れのある水の中を移動することは困難でした。

オランウータンが監視員に「助けてましょうか」と言っているように見えませんか?

 

このような珍しい瞬間は本当に感動的です。

毒ヘビはボルネオのオランウータンを食べてしまい、他にもオラウータンは森林火災、生息地の喪失、狩猟の脅威にさらされています。

 

その後、監視員はオラウータンから遠ざかり水から出たため、実際にどのように反応するかは不明です。

この出会いはわずか3〜4分の出来事でした。

 

オランウータンはアジアで唯一の類人猿であり、主にインドネシアのボルネオとスマトラで発見され、

残りの10%はマレーシアのサバとサラワクで発見された、とBOS財団は述べています。

ボルネオオランウータンの個体数は、過去3世代で80%以上減少したと推定されています。

類人猿は、怪我をしたり、狩猟者の危険にさらされたり、生息地の破壊に直面したりすると、保全林に連れて行かれます。

彼らが健康になると、彼らは野生に戻ります。また、BOSによると、非常にゆっくりと繁殖します。

出産は野生では6〜8年ごとだけです。

How do you feel about the nice gesture from the ape to human??

Come debate about it in English at 名古屋伏見の英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!