Rainy Classic Music (Videos) 🌧

How will you spend the rainy season??

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

いよいよ梅雨に入り、じめじめした毎日が続いています。

そんな雨の日におすすめのクラシック音楽をご紹介します!!

天才、名人というような音楽家たちは鬱陶しく感じる雨でさえこんな素敵なメロディーで表現しています。

①→「 Chopin – prelude op. 28 no. 15 (‘raindrop’)」ショパン 雨だれ前奏曲

まずは、ショパンによる大変有名なこの曲です。

②→ 「 Debussy – Jardins sous la pluie」ドビュッシー 版画 3.雨の庭

繊細な雨滴と予期しない嵐を描いた、ドビュッシーの印象的なピアノ曲は、にわか雨を表現しています。 彼の1903年の作品、エスタンプの一部であり、雨に降られたフランスの庭園を描いています。

③→ 「Beethoven – Symphony No. 6 (‘Pastoral’)」ベートーヴェン 交響曲第6番 ヘ長調「田園」第4楽章

ベートーベン第6交響曲のすべてが野原や花がモチーフなのではありません。 第4楽章で、風と雷が鳴り響き、地球を揺るがす嵐が発生する様子を表現しています。

④→ 「Brahms – Violin Sonata No. 1」ブラームス ヴァイオリンソナタ ト長調 Op 78 “雨の歌” 第1楽章

ブラームスの心に響くパワフルなヴァイオリンソナタは、レインソナタと呼ばれ、雨の日に聴くと心が晴れやかになります。

⑤→ 「Grieg Spring rain」エドヴァド・グリーク 春の雨

北欧のショパンといわれるグリークのこの歌曲は大変美しく表現力豊かです。雨滴を模倣して落ちるコードのボーカルラインは癖になります。

Let us know your favorite rainy music at 名古屋伏見の通い放題英会話スクールロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!

前の記事

John Hopkins University 👨‍🎓

次の記事

LQ TOEFL #34 🖊