Switch To Wearing Glasses 👓

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

Do you wear contact lenses?

You should switch to glasses to stop spreading the virus.

Covid-19を引き起こすパンデミックウイルスの拡散を減らすために、

専門家はコンタクトレンズを棚に置き、眼鏡で世界を見る時が来たと提案しています。

これは、眼鏡をかけると顔に触れるのをやめるのに役立つ為です。

 

①→ Why contact lenses??

コンタクトレンズのユーザーは、1日に2回以上レンズを挿入したり外したりするために目を触るだけでなく、

コンタクトを着用していない人よりも目や顔を直視していると、臨床広報担当のThomas Steinemann医師は述べています。

更に彼は、「あなたは目をこすり、次に顔をこすり、顔を引っ掻き、指を口に入れ、指を鼻に入れます」と述べています。

「一部の人々はあまり衛生的ではなく、最初に手を洗うのを忘れているかもしれません。」

眼鏡はまた、空中に浮遊しているコロナウイルスウイルス粒子からの保護を提供する可能性がありますが、口や鼻を介して感染する可能性が高いです。

Steinemann医師は、Covid-19の患者の世話をする医療従事者にとって眼鏡が重要である一方で、

「それは単なる予防策であり、コロナウイルスに近づかないようにフィルターを追加できるもう1つの方法です」と語った。

 

②→ Pink eye connection

より可能性が高いのは、この新しいコロナウイルスが結膜炎を引き起こす可能性があることです。

結膜炎は、結膜と呼ばれる薄い透明な組織層の炎症で、目の白い部分とまぶたの内側を覆います。

「結膜は口の内側や鼻の内側や鼻腔や咽頭のような改変された粘液膜です」とSteinemann医師は語った。

「それは湿気があり、ウイルスにとって親切です。実際、結膜に非常に簡単に付着することができる生物がたくさんあります。

またさらに言えば、結膜にも載っているコンタクトレンズに付着します」と彼は付け加えました。

結膜炎の症状には、涙、かゆみ、かすみ、赤やピンクに変色、膿、粘液、まつげの上に固まる黄色の分泌物があり、

睡眠後に、めやにで目がくっつくことがよくあります。

 

中国および世界中からの報告によると、Covid-19の約1%から3%の人も結膜炎を患っていました。

これは、感染した人の目や人が触れた物体から液体に触れることでコロナウイルスが広がる可能性があるために懸念されます。

このニュースにより、12を超える全国の眼科組織は、眼科医に眼の負傷などの緊急治療や緊急治療以外の何かのために患者の診察をやめるように指示しました。

これには、オフィスケアと外科的ケアの両方が含まれます。

アカデミーは発表の中で、「私たち一人ひとりが、致命的な可能性のある病気の媒介物として機能しないようにする社会的責任を負っています」と語った。

「これは実存的な危機です。私たち医師はそれに対応し、同僚やコミュニティをサポートする必要があります。安全を確保してください。」

アメリカ眼科学アカデミーによって新たにリリースされた研究では、Covid-19を持つ人々が涙からウイルスを流しているという証拠は見つかりませんでしたが、

研究の誰も結膜炎を持っていませんでした。したがって、新しいコロナウイルスが涙によって広まるかどうかはまだ不明です。

 

③→ Don’t panic

専門家は、赤やピンクがかった目がCovid-19だけの兆候であるとは限らないと述べています。

SARS-CoV-2とも呼ばれる新しいコロナウイルスは、

結膜炎を引き起こす可能性のある多くのウイルスの1つにすぎません。

実際、あまりにも一般的であるため、この新しく発見されたCovid-19ウイルスが結膜炎を起こすことは、

科学者にとって驚きではありませんでした。

「結膜に非常に付着しやすい、または結局は結膜にも付着しているコンタクトレンズに付着しやすい微生物が多くいます。」とSteinemann氏は語った。

普通の風邪の原因となるウイルスやバクテリアは数多くあり、ピンク色の目を引き起こす可能性があります。

また、汚染された水の中を泳いでいる真菌、アメーバ、寄生虫もそうです。煙やほこり、

シャンプー、プールの塩素に対するアレルギー反応、点眼薬でさえ原因になる場合があります。

加えて、季節性アレルギー、眼瞼炎、虹彩炎、虹彩と呼ばれる目の色の部分の炎症などの可能性もあります。

上記はどれも伝染性はありません。

 

それでも、ピンクや赤の目で、発熱、咳、息切れなど、Covid-19の他の明白な症状がある場合は、

医師に連絡する必要がある1つの兆候である可能性があります。

でも、くしゃみをしていて、目と鼻がかゆい場合は、アレルギーの可能性があります。

いずれにせよ、これは、6フィートの社会的距離を保ち、適切な自己衛生を実践するときです。

いつもより沢山手を洗って(正しい方法で)、顔に触れないようにしてください。

しばらくの間、コンタクトレンズを装着すること控えるべきかもしれません。

「今は手を抜く時ではない」とスタインマン氏は語りました。

「常に手を洗って、常に手の消毒剤を使用してください。また、顔に触れたり、目をこすらないでください。さらに、コンタクトレンズを消毒してください。」

 

Don’t forget to wear your reading glasses in the English classes at 名古屋伏見の英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!