Japan’s 3 Most Stressful Jobs 💦

Question…how’s your job??

こんにちは, 伏見の英会話エルキュー LQです

今回はブラックな仕事についてまとめてみました‼ ランキング形式でわかりやすく書きました!

1位→ 小児科医・産婦人科医などの医者

堂々たる1位に君臨している医者ですが、どうして激務なのでしょうか。

医者が激務になってしまっている理由としては、人手不足が第一に挙げられます。

ご存知のとおり、医者になるということはとても難しいことです。

国家試験を受けなければいけませんし、医師免許の試験は特に難関とされています。

司法試験などと比べられることがあるくらい難しい試験ですから、医者という世界は当然狭き門なのです。

ハードルが高くて全国的に医者が不足しているということもありますが、人の命などに関わる仕事である以上、

足りない人手でどうにかして仕事を回していかなくてはいけません。

休んだりすることもなかなかできない状況です。責任が重たいということですね。

そのため、激務となっています。 法定労働時間は週に40時間ですが、医者はそんなことも言ってられません。

一週間の残業時間は軽く20時間を越えます。若ければ若いほど残業時間が長くなっていて、連続36時間勤務なんていう話もあるくらいです。
 
ただ、その分年収も高いですし、社会的地位も高く、やりがいが大きな仕事ですよ。

だいたい700万円から1000万円程度が平均と言われています。月収にすると、80万円から90万円です。

2位→ 営業職(商社)・先物取引営業(飛び込み)

どこでも営業職は大変だと言われていますが、商社の営業職と先物取引営業は特に激務ということで、2位にランクイン。

激務と言われている原因は個人に課せられたノルマですね。

営業職は成果を挙げてなんぼという世界ですから、ノルマを達成しなければ生き残れません。

商社の営業職の戦場は今や世界中に向けられているので、特に激務になっています。

取引相手は日本国内外にまで及んでいるということで、実際に海外に赴いて交渉したりしなければいけません。

先物取引営業は、飛び込みと言われていますね。

アポなしで自社製品を売り込んでいく仕事ですが、迷惑がられてなかなか取り合ってもらえません。

そのため一日にかなり多くのところに営業をかけなければならず、一日中外で動き回ることになります。

ただ、そういった苦労がある分、取引がうまくいって会社に貢献できた瞬間に達成感を味わうことができますよ。

大変ですが、その分やりがいもきっちりとある仕事です。
 
商社の営業職の年収は、平均で見るとそこまで高くはありません。

360万円から550万円程度といったところです。

ただ、高いところを見ると1400万円という人もいるのが特徴です。

先物取引だと、だいたい600万円程度が平均ですね。

 

3位→ 営業職(生命保険)コンサルタント

生命保険の営業やコンサルタントが激務になっている理由としては、やはり契約の取り付けにくさにあります。

ひとつひとつ丁寧に営業をしていかなければいけませんが、丁寧に営業をかけたとて、説明したとて契約していただけるとは限りません。

ひとつひとつ時間をかけながら、なおかつ効率的に話を進めなければ、ノルマは達成できない。

そういったところに、激務の理由があります。
 
ただ、契約を取り付けることができたときの達成感は何物にも変えがたいそうです。

年収も業績によって左右されてしまいますが、そこがかえってやりがいになりますね。

平均年収歯だいたい400万円程度とされていますが、頑張れば1000万円以上も可能です。

いかがでしょうか?? 皆さんもお仕事大変でしょうが、頑張ってください‼

Have a stress free time speaking English at 伏見の英会話エルキュー LQ!!