World’s First Electronic Taiko Drum!! (Video) 🥁

Taiko drummers this blog is for you!!

名古屋伏見英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)です!!

Check out this new electronic taiko drum video demo!!↓

2017年、ドラムと日本の音楽愛好家は、電子楽器メーカーのローランドが

国際的に有名な太鼓演奏芸術グループ鼓童と電子太鼓ドラムの開発を始めた組ことを知って興奮しました。

それ以来、ローランドはたゆまぬ努力を続け、楽器の構造を改善し、重量を減らし、

さまざまな改良を加えてきました。そしてついに、これらの努力により一般大衆が利用できる製品に至りました。

世界初の肩掛けカツギオケド担ぎ桶胴スタイルの電子太鼓、

TAIKO-1が東京での2020年の夏季オリンピックに合わせて完成しました。

日本では、太鼓は伝統的な祭り、神社、学校などで使用され、人気があります。

しかし、太鼓の演奏する際に直面する課題の1つは、本体の大きさと重量のために

楽器を持ち運ぶのが容易ではないということです。

また、演奏のの音量が大きく、練習する場所が制限されます。

さらに、会場によっては、演奏者が大きな太鼓を持ち込めない場合があります。

TAIKO-1は、日本の太鼓特有の音色変化を忠実に再現することに成功しました。

ローランドの技術を使用すると、打撃面の位置と強さに応じてさまざまな音を演奏できます。

TAIKO-1は、カツギオケド太鼓をはじめ、さまざまな和太鼓、ひよし拍子木、その他さまざまな打楽器の音を出すことができます。

印象的な表面にローランド独自のメッシュ素材を使用することで音が抑えられるため、周りを気にせずに練習できます。

さらに、本体を分解して保管できるため、持ち運びも非常に簡単です。

また、充電式ニッケル水素電池(8 x AA)で駆動できるため、いつでもどこでも演奏できます。

Which do you prefer the new electronic taiko or the traditional type taiko drum?

Come discuss your thoughts in English at 名古屋伏見の英会話スクール ロケイシャス (LoQuacious)・(エルキュー LQ)!!